不安ばかりが頭をよぎります・・クリス松村

こんばんは。

今日は姪っ子とスケート場へ行き、滑り出し早々思いっきりこけ、さらには姪っ子を巻き添えにしてこけるひどい叔母マミです・・。

今日の話題は、文科省が、性同一性障害の児童・生徒に配慮するよう具体的な対策を指示したことに対し、クリス松村が自身のブログで文科省に対し感謝の思いと、今後に対する不安の声をあげました。

chris_200711_02_l

では、文科省が指示する具体的対策とは?

 

例えば、ある男子生徒が自分のことを「女性」と自認している場合には、スカートなど女性の制服の着用を認めるなどの対策だそうです。

 

このことに対し、クリス松村はこうコメントしています↓

・不安ばかりが頭をよぎります。世の中そう甘くはない。

・この対策がかえって差別、いじめの洗礼を受けさせることになるのではないか・・・

・スカートとか…そういう形を認めることよりも、姿形、肌の色、いろいろな差別の歴史、闘いの歴史を子供たちに教えること、一緒に考えることこそが、最初に学校でなすべき、一番大切なことだと私は思います。それは、悩んでいる当事者のためにもなると思います。

t02200391_0480085410563402350

そしてそのコメントの中に、「テレビなど出るようになりましたが、私のことを理解していただいたことは、一度もないと思っております。前向きにあきらめている」書いてあり、その言葉が胸にしみました。

Pocket

「不安ばかりが頭をよぎります・・クリス松村」への2件のフィードバック

  1. ?クリスさんはブログで無業者を差別してましたよ?
    差別の加害者の側でもありますよ?

    1. アナタの様
      コメントありがとうございます。
      差別の加害者側でもあるとのこと・・発言とは怖いものです。

コメントは停止中です。