同性愛者差別に繋がる 「宗教の自由法」成立 

こんばんは。

しばらくお暇をいただきます、まみです。笑

来週から、パートナーさんとパートナーさんのご両親と共に石垣島へ旅行に行ってまいります。

ああ、緊張するな。。お義母さんとはもう何度もお会いしているのですが、お義父さんには最近紹介していただいたばかりなので。どうコミュニケーションとったらいいのだろ~(汗)

でもきっと旅が距離を縮めてくれますよね?(^-^;

石垣島で体験したこと、ブログでご紹介できたらいいな〜っと思っていますので、良かったらまた読んでくださいネ♪(^^)

あーーー荷造りしなきゃ!!

さて、今日の気になったニュースは、アメリカのインディアナ州で「宗教の自由回復法」が成立したというニュースです。

この「宗教の自由回復法」とは、信仰上、やりたくないことは否定できることを定めた法です。

その条項には、企業や商店に「宗教上の理由で精神的負担になる行為を拒む権利」を認めた部分があり、それが、同性愛者に対する差別が許されることになるとして、問題となっています。

詳しく説明すると、個人や企業が第三者の団体に訴えられたときに、防御策として「宗教上の理由」を挙げることができるのです。例えば、「私は、〇〇教の信者ですので、このサービスを提供することは教えに反しており、信者の私にとっては精神的負担となる為、サービスを提供することはできません。」と拒否をすることができる権利を与えられたということです。

これができるようになるということは、ひとつの大きな例として「同性愛者の結婚式へのサービス提供などが拒否される恐れがある」また、そういった企業に勤めている従業員に対する差別にも繋がると問題視されているそうなんです。

ん〜日本にある身近な例でいうと、裁判員制度で裁判員になることを辞退できる理由としてよく宗教上の理由というのがあげられますよね?そんな感じでしょうか。

ただ、宗教上の理由って個人はともかくとしても、企業や商店でも当てはまることなんでしょうか?

この法が今後、同性愛者の生活を阻むことに利用されなけらばいいなと願うばかりです。

Pocket

渋谷区デモを行った団体の正体

こんにちは。

今日は私がずっと気になっている話題についてお話したいと思います。今年の3月10日に渋谷区の「同性パートナーシップ条例案」に反対するデモが渋谷駅前で行われました。内容はこんな感じ↓

■デモ(および現場でまかれたビラ)の主張抜粋
・「普通の愛情は男女から発生する」
・「少数派を多数派と同じ扱いをすることが平等ですか」
・「主婦の立場から見て不安」
・(同性パートナーシップ条例は)「次の世代を壊しかねません」
・(同性パートナーシップ条例は)「必要以上の優遇措置」
・「私にも同性愛者の友達がいる」
・「あの名曲、”男が女を愛する時”、条例が通ったら歌えなくなるんですよ、どうしたらいいんですか?」
・「私も喫煙者ですが、ちゃんと喫煙所で吸っている」(※『同性愛者は隔離された場所で生活しろ』の意らしい)」

そして現場はこんな感じのデモ ↓

デモ

でも2

このデモを行った団体は、「頑張れ日本!全国行動委員会」という団体です。以下、「頑張れ日本!」と呼びます。

上の写真にある車の上で演説している人が、水島聡という人で、「頑張れ日本!」の幹事長を務めている人物です。

この団体は、「日本会議」という民間団体と密接につながりをもっているようなのですが、この「日本会議」というのが

「右派」
「保守系」

とされる国内最大の右派組織です。

そう、渋谷区でデモを起こした「頑張れ日本!」も右派。

ああやって、デモ起こして猛反対してた姿見て、あ~~~なるほど~~~。

まあ、こういう方たちは反対するよね~。

ただ、一点気になるのが、今回のデモを主催した「頑張れ日本!」の結成集会(2011年開催)に現在の内閣総理大臣、安倍晋三氏(当時は総理大臣ではありません)が基調講演を行っており、その際に現在の安倍内閣の閣僚ら複数が出席しているんです。この「頑張れ日本!」と自民党のつながりの深さが伺えます。

わたし、この結成集会の様子をユーチューブで見たのですが、なんかすごい (◎o◎)

こわ~い。

ちょっと長いので、興味ある方は見てください。

「頑張れ日本!」と繋がりの深い「日本会議」は安倍晋三氏と思想的に近く、日本会議国会議員懇談会には第二次安倍内閣の閣僚19人のうち13人がメンバーとなっています。

「渋谷区からの発信が国を変えるかもしれない」との渋谷区の桑原敏武区長の発言すごいな~。きっと自民党は私たち「同性パートナーシップ条令」についてストップと言い続けるでしょうが、

私たち自身も今こそ殻を破り、外に出る時期にきているのかなと思いました。

私たちのことを世の中の人達は知らなすぎます。知らないが故に今回のデモのように、こんな愚かな発言が生まれ、当事者たちが傷ついていく。よく相手を理解することなく軽率に発言しちゃうような団体。まるで一人芝居。

私たちの立場から言わせてもらえば、今まで私たちは世間で存在していないかのように見て見ぬふりをされてきました、だから出てこなかった。

今回のことで、ハッキリと明るみに出た私たち同性愛者という存在をこれからは正しく世の中に発信していかなければならない時なんだと思います。

これからの自分たちのために。

そして、これから育つ子供たちのために。

その子供たちが大人になった時、自分自身を否定してしまうことがないような世の中を、当事者である私たちの手で作っていけたらいいですよね♪

Pocket

桜の下で運命の出会い❤

こんばんは。

今日は、お昼休みを利用して、お花見に行ってまいりました~(^^)

今日がちょうど満開の時期すごくきれいでした!私、お花にあまり興味はないのですが、桜は好きだな~。

IMG_3554[1]

池のまわりを一周散歩していたら、同じくお散歩中のワンちゃんと目が合いました。かわいいなと思ってみているとそのワンちゃんは、にこやかな顔?(それともあれが普通の顔なのか?)で私のことを見ていました。

通り過ぎてもお互いに振り返り見つめ合う私たち( *´艸`)

もしや、運命?

そのワンちゃんこんな顔してました ↓

やばい犬

その微笑みにびっくりする私 ↓

びっくりする犬

運命の出会いでした❤

私たちは、しばらく見つめあってからお別れしました。

「あなたは、もうちがう方の犬なのね・・・」と切ない気持ちを抑えながらお別れしました。

また会えるかしら?

今日はエイプリールフールなのでちょっとオーバーリアクションですが許してね(^^)

なんちゃって猫

でもワンちゃんと見つめ合ったのは本当ですよ♪

Pocket

渋谷区「同性婚条例」にLGBTからダメ出し

こんばんは。

お尻の痛みもだいぶ和らいできたマミです(^^)v

ぶつけてもいないのに、お尻(尾てい骨)の部分がアザになったかのように痛かったのですが、どうやら、その痛みの原因は、慢性的な運動不足・・同じ姿勢を続けての作業が原因で、お尻の筋肉のバランスが崩れたことで痛みが出ていたらしいのです。

私、デスクワークのため、肩がこるのでたまにマッサージに通っているのですが、その度に腰痛はありませんか?と聞かれたことが何回かあって、マッサージ師さんに「背中の筋肉がカチカチなので、このままにしておくとそのうち腰痛が起こるかもしれませんよ」とは言われていたんですが・・私の場合、お尻にきちゃったみたいです。腰痛じゃなく尻痛ね。

今は、骨盤を安定させるというクッション(円座じゃないわよ)に座って姿勢を矯正中でございます。そのクッションをしてから、痛みはほとんど取れました(^^)/ご心配をおかけいたしました。

さて、今日は渋谷区で全国初の「同性パートナー条例」が成立しましたね!

歴史的な一日ですね♪

わ~い!と喜ぶ一方で、この条例に対してLGBT当事者からダメ出しの声が出ているようです。

ダメ出しの声 まとめてみました↓

◆レズビアン活動家の声
「(法整備上)条例にはいくつかの問題があるのに、気軽に乗っていいのか?」と反対を表明。
「渋谷区は(街づくり)にLGBTを利用したいだけ」と指摘したそうです。

◆その他のLGBT当事者の声
「役所がゲイというのをどのように認知して証明書を発行するのかしら?」
「ゲイにはいろんなタイプがあるから、認知は難しいよ。」
「LGBTの大半は、案外この話題に興味ないかも。私たちカップルは、近所からの差別や不自由などなく、普通に暮らしています。」

歓迎の声 ↓

「この条例で可能になることって、病院での面会ができるとかその程度の範囲よね。でも、そんな第一歩が大切で大歓迎。」
「私たちは長年2人で高い区民税を払っているから、扶養になる制度ができたら税金が安くなる。」
「家族しか受け取れない生命保険を2人で受け取り合えるようになればいい。」

色んな意見があるのですね(^^)

ダメ出し意見も、たしかに~!って思うことありますよね。

同性パートナー条例については様々な思惑がありそうですが、きっとこれからも、LGBTは何かと利用されていく気がします(^^)自治会だけじゃなくほかのところでも。

でもそれでいいんじゃないでしょうか♪

まずはそこからのスタート。そこから色んなことが始まっていけば嬉しいな~♪

Pocket

幸せになれるサングラス

こんばんは。

30歳超えてからのお肌の変化に愕然とするまみです。

あ~今日の顔、死んでる・・と鏡を見なくても想像できる30代!!

いや、30代、一番輝くときなのに、友達と会話してて最近よく言われるのが、

「目が笑ってないよ。」

の言葉・・。

自分では思いっきり笑ってるのよ!?でも目だけがついていってないらしい。

それに加え気になるのが紫外線!なんか、夏に近づくにつれまぶしくて目を開けられない瞬間がありませんか?温暖化だから?目がしみるように痛いんですよね。

よく、4月5月の紫外線は怖いというので、肌を守るため日焼け止めでガードをしてますが、紫外線って目から入ってくるらしいですよ。

そこで!同じ30代の友達から素敵なプレゼントをいただきました。

これ

IMG_3536[1]

うん。素敵。

友達はこれと色違い(赤の縁取り)を愛用されているそうです。

友達:
これかけるとね、自分がアホになった気分で。テンションが上がるの!ぜひやってみて!
これかけて運転するのマジ最高だよ。

私:
ありがとう。やってみる 笑

最初は半信半疑ですが、いざかけてみると、これがけっこう快感♪♪

暗示かかりますね。30代暗示大事。

ちっぽけな悩み吹き飛びそうですよ 笑

ぜひ、皆様もこんなメガネしてドライブしてみてください。幸せになれますよ❤

Pocket

同性パートナーシップで変わること

こんばんは。

渋谷区議会は今日、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める証明書の発行条例案を総務区民委員会で賛成多数で可決したそうです。

31日の本会議で可決、成立すれば、4月1日にも同性をパートナーとして証明する制度が施行されます。

条例案のポイント

・男女および性的少数者の人権の尊重

・同性パートナーシップ証明書の発行

・条例の趣旨に反する事業者名を公表

・男女平等・多様性社会推進会議の設置

・条例は4月1日施行、パートナーシップ証明は 別途定める

そういえば、ふと、思ったのですが、この条例案が可決されると、私たちにとって具体的に何が変わってくるのでしょうか?ちょっと分かる範囲で調べてみました♪

実際に変わる代表的もの≫

住居の確保ができるようになる。

入院時の面会も親族とみなされ可能となる。

 

今までは、アパートの入居を拒否されたり、病院での面会を断られることが問題となっていましたが、今回の条例が可決されれば、社会の制度設計に区が着手してくれるそうです。

 

また、公的証明書によって、その他に期待できるメリットもいくつか考えられるそうです。

 

≪今後、考えられるメリット≫

一緒に住む家の住宅ローンを公的証明書によって組むことができるかも⁉

(男女であっても事実婚だと、銀行は住宅ローンを組ませてくれないケースもあるようなので、そうしたとき公的証明書によって男女の夫婦と同様に扱ってもらえるのではないかとの期待)

 

抗議もしくは主張する力を持てる。

(この条例案が認められるということは、LGBTの権利保障の大きな一歩です。権利がある程度、保障されるということは、男女のカップルと同性のカップルとで扱いが明らかに違うというケースが起こったとき、不当な扱いだと主張する力を持てる)

 

権利保障が進むということは本当に大きな一歩ですね!権利保障が安定しない限り、私たちの思いや行動は埋もれたままになってしまいます。

今後、区が様々な制度設計に着手してくれるといいですね。

 

ただ、1点知らなかったのが、

 

この証明書を受けるには条件がつく予定のようです。

渋谷区に住む20歳以上の同性カップルであること

同性パートナーがお互いに「任意後見契約」を結ぶこと

の条件がつくそうです。

Pocket

GAPは東京レインボープライドを応援します!

こんばんわ。

最近、お尻(尾骶骨?)が痛いマミです。

転んだワケでもなく、ぶつけたワケでもないのに、痛い…スノボで転んで、アイスバーンにお尻を強打してしまった次の日の様な状態。

 

仕事で椅子に座るときも、運転する時も、

 

アイタタター…(>_<)

 

まてよ?尻尾でも生えるのかしら? (°_°)

 

幼稚園の頃、よく母親の膝の上に座っているのが好きだったのですが、少しすると母親に、「お前の尾骶骨尖ってて痛いよ〜!降りて!」っとよく言われていました。仕方ないから、シブシブ降りて、また少ししてから膝に座るを繰り返していました    笑

 

まさかそれが成長してきたんじゃ?(-。-;

 

う〜む、円座するかな、円座。。

 

さてさて、世界的なファッションブランドのGAPがGW期間中に多様性を応援する活動を東京レインボープライドとOUT  IN  JAPANと協力して実施するそうです。

GAP

GAPは創業以来、「Diversity&Inclusion」と呼ばれるポリシーのもと、国籍、人種、性的志向などに関わらず、公正さ、尊厳、そして敬意を持って接することはブランドのコアバリューであるとし、従業員の個性と多様性の尊重をしてきた会社です。

 

まさにLGBTフレンドリー企業ですね

 

GAPは東京レインボープライドのオフィシャルスポンサーであり、今年もGW期間中には、フラッグシップ原宿店をレインボー仕様にし、レインボープライドパレード会場へ向かうLGBTの人々に声援を送ります!

 

是非、レインボー仕様の店内見に行きたいです(^.^)仕事休んじゃおうかな〜 笑

Pocket

結婚式って大切ぅ~

こんにちは。

今日は引き続き、友人の結婚式のことについてお話したいと思います。

 

突然ですが、

 

皆さんは結婚式したいですか?

 

YES  or  NO

 

私は、今までNOでした。

 

まあ、ビアンだから結婚式をするにはちょっと・・勇気が・・っていう思いもあったわけですが。

 

特に儀式なんて必要ないかなって考えでした。それなら新婚旅行にお金をかけた方がいいや〜とか、二人の生活を豪華にしたほうがいいと思っていました。

 

でもね、やっぱり人間って決めるとこ決めないといけないんだなって、今回の友人の結婚式にでて、自分を振り返り強く感じちゃった

 

結婚式って大切ぅ〜〜〜❤

 

って。人って弱いもんで、形あるものに頼ってしまうことってありませんか?

結婚式を挙げることによって、“わたしはこの人と結婚したんだ”っていう自覚が持てるし、それをみんなに公表することは、ある意味、自分へのけじめだと思うんです。

 

そりゃ、長い人生色んな苦難があってダメになる人もたくさんいます。

 

でも、その色んな苦難が起こったとき、相手との関係を解消するか?踏みとどまり共に乗り越えるか?を決めるひとつの判断材料になると誰かが言っていました。 笑

 

多くの人に祝福してもらったという実感が自分の中にあるか、ないかで変わってくるものもあるんじゃないかなって。

 

確かに・・

 

だって証人がたくさんいるんだもん・・そう簡単に別れられないよね(汗)

 

苦難を乗り越えるための魔法の儀式です。はははは(^.^)

 

早く同性結婚式が普通に行われるようになるといいなって思いました。

 

 

 

 

 

Pocket

久しぶりの再会

こんばんは。

ぽかぽか春日和の日に、分厚いコートとマフラーで街に出てしまった、まみです(-“”-)

分厚いコートを着てどこに行ったかというと、私の高校時代の友人の結婚式に行ってまいりました。

私は、当日受付の役を仰せつかっていたので、みんなより、少し早めに会場へ・・式場へ着いて早速、着替え室に入りました。立派な結婚式場だったので、着替え室もとてもきれいで、1人1人フィッティングルームのように、カーテンで仕切られて着替えができるスタイルになっていました。

なんじゃこりゃー!一気に20人くらい着替えられる!ひろーーー!

到着が速かったため、その広い着替え室には私1人だけ(´艸`*) ムフフ❤

今朝は早く起きたので、睡魔に襲われていた私は、よし、早めに着替えて余った時間はカーテンの中で仮眠でもしよう♪とカーテンを閉めようとすると、

「あれ?まみーー!」

その日、一緒に受付をすることになっていた、友人のケイちゃんがいました。

「おーーケイちゃん!久しぶり〜♪」

ケイちゃんと私は、趣味が一緒で高校卒業してから、共に海に憧れ、興味本位でサーフショップに行って、定員につかまり、ボディーボードセットをローンで買わされたり(-“”-) 冬はスノボにいき、ゴンドラの乗継ぎをいろいろしていたら、帰り道が分からなくなったり、(-“”-) 温泉いって全裸で自分達の筋肉美を見せ合うとか、なんかよく趣味が合いました 笑

そんなケイちゃんも今は、結婚し1児の母親(^-^)久しぶりに会えてうれし〜よ〜♪

忙しそうなケイちゃんは、私を見つけるや「まみ一緒に着替えよ!」とササッーっと私の着替えスペースに入ってきました。

えーーー(´Д`)

一緒に着替えるのー?狭いんですけどぉーー

1人用のカーテンに2人で入ることないじゃん・・だって他に19個もカーテンスペース空いてるんだよ!!

と考えを巡らせている中、ケイちゃんは「あたしこれからヘアセットがあるから、先に着替えるね!」と着替えをはじめました。じゃあ、私もと着替え始めるや、二人とも若き頃の筋肉美は衰え、まるで鶏ガラ・・

 

あらま・・(´Д`)

 

さっと着替えを終えた、ケイちゃんはヘアセットへ移動。

 

「まみ荷物みといてね〜」

 

「は〜い」(-.-)

 

こうして私の仮眠時間はなくなりました・・。ケイちゃんどうしてくれよう。

でもケイちゃんといると楽しいわ(´艸`*)

Pocket

続!セレブの戦い!

こんばんわ。

セレブまみです。

あれ?違ったかしら…笑

わたしとは全く縁のない、セレブなゲイの方々の間で戦が続いております。
昨日お伝えした、エルトンジョン VS ドルチェ&ガッバーナの延長戦です。

大変( ̄O ̄;) 大変(; ̄O ̄)

ドルガバのボイコットを表明した、エルトンジョンに対し、ガッバーナは憤怒!!

「これが異なる意見をリスペクトする態度なのか? エルトン・ジョンをボイコットだ」

このドルガバの発言に対し、他のセレブ達も参戦!

「目を覚ませ!今は2015年だぞ」
by リッキー・マーティン(ゲイで代理母が産んだ子供を育てている)

「このブランドの商品を全部まとめたわ。全部燃やしてしまいたい」
by コートニー・ラブ

「2人で謝罪しろ。あとは服作りに専念するべき」
by その他

など、ドルチェ&ガッバーナの発言を批判するコメントが続々と書き込まれていたそうです。

ひえ〜この先どうなるのでしょ〜(O_O)

Pocket